J3とJFLの入れ替え制度はある?【現状はなし!2023シーズンから導入開始か】

サッカー



Jリーグと言えば優勝争いと同じく盛り上がるのが降格争い

この制度により、シーズン後半に下位チームにも緊張感が生まれてますよね!

ただ現在J1⇔J2、J2⇔J3との間で行われているように、J3もJFLとの入れ替え制度はあるのでしょうか。

(とくに最近J3を見始めた方は気になるかもしれません)


この記事では、J3とJFLの入れ替え制度の現状今後の予測について書いていきます。


J3とJFLの入れ替え制度はある?【現状と今後の予測】


2021シーズン現在、成績不振でJ3からJFLに降格することはありません※。

JFLからJ3への参入のみです。

(※財政面でのJクラブライセンス剥奪は可能性あり(条件:3期連続赤字および債務超過))


したがって現状はJ3のチーム数が年々に増えている傾向にあります。

しかし早ければ、2023シーズンからJ3とJFLとの入れ替え制度を導入する可能性があります

理由は以下です。


Jリーグの村井チェアマンが信濃毎日新聞のインタビューに答えた記事があります。


それによると

  • J3の降格制度を導入する可能性
  • J3を(J1、J2並みの)20クラブとする可能性


について言及しています。


今後のJ3のチーム数のゆくえを図にしてみました。

J3とJFLの入れ替え制度はある?【現状はなし!2023シーズンから導入開始か】




2021シーズンのJ3は、新たにJFLからテゲバジャーロ宮崎を迎えて、15チーム。


2022シーズンはJ2への昇格2、新型コロナウイルスの関係でJ2からの降格が4で17チーム。

仮にJFLから昇格を2加えて19チーム。


そうなると、さらにJFLから2チーム加える可能性がある2023シーズンに(J1・J2並みの)20チームを超え、早ければ2023シーズンから降格争いが始まるのではないかと考えています。


ちなみに2021年現在、こちらの記事で書いたようにJFLでJクラブライセンスを取得しているのは5チーム。(J3入りが決まったテゲバジャーロ宮崎を除く)


JFLリーグで4位以内に入れば、その上位2チームがJ3に昇格できます。

2023シーズンは20クラブを超える可能性は十分にあると言えるでしょう。


まとめ


以上、J3とJFLの入れ替え制度はあるの?というお話でした。

Jリーグ入りは地元クラブから人気。Jクラブライセンス取得を目指すクラブは増えています。

J3でも降格制度が導入され緊張感のある試合が増えれば、おらが街のクラブもさらに盛り上がりそうですね!


それでは。Go for it!



関連記事:【将来のJリーグ入りを目指す】サッカークラブ著名人オーナーをまとめてみた(元選手や実業家など)